前へ
次へ

派遣社員等の健康保険の加入条件

健康保険は、正規社員以外の雇用形態で働いている人も加入することができます。
派遣社員として働いている人は、1日・1週の労働時間、1月の労働日数が正規社員の4分の3以上で、雇用契約期間が2ヶ月を超える場合は被保険者として扱われます。
また、雇用契約期間が2ヶ月を超えることが見込まれる場合も加入条件となっています。
法人役員に関しては、代表取締役や役員、社団・財団法人の理事長は健康保険の被保険者となることができます。
一方、非常勤の取締役や監査役は、勤務の実態、労務管理等により加入の有無が判断されることとなります。
2箇所以上で働いている人は、通常は加入条件を満たしている事業所において健康保険に加入をします。

Page Top